デリヘルで高いお金を出して好みの女性と遊ぶつもりが想定外の生物を案内された時ほど悲しい思いはありませんよね

失敗しない為のデリヘル

デリヘルの裏側

チェンジと言われたデリヘル嬢

投稿日:

チェンジと言われたデリヘル嬢笑顔で『こんにちわ』とドアを開けたら『チェンジ』と言われたデリヘル嬢の気持ちは本気で落ち込みますし、とても心穏やかとはいかないでしょうね。

何処のデリヘルでも『チェンジ』というシステムはありますが、実際的には大抵のブスであってもチェンジと断られるのは滅多にありません。

まず、滅多にない事からも風俗店側は別の女性を常に用意しているお店は少なく、電話受付の段階で『チェンジもありですよね』とか『チェンジは無料ですよね』との問合せをするお客様は高確率でチェンジをされるかもというのが定番です。

但し一般論であり、電柱などに捨て看板などをして電話番号だけを掲載している本番ありのお店は、送迎車には数名のデリヘル嬢が常に乗っているので、チェンジと言われる前提で仕事をしています。

さらにデリヘルのホームページなどで全員が顔出しで美人揃いというお店などは、実際に在籍している女性が似ても似付かない酷いレベルの女性を案内しているケースが多く、常にチェンジと言われるのを前提としているという訳です。

指名女性とは別人を案内する振り替えをする風俗店に於いては、チェンジと言われても女性が最初から『またか』という程度で考えていますが、誠実に優良店として運営しているデリヘル店に在籍する女性ともなれば、年間で数名程度のチェンジがあるというほど、滅多にない事柄だけに、気持ちが折れるほど悲しく落ち込む女性がいるのです。

もともと誰が見ても美人というならばチェンジなんて経験すらしないでしょうが、容姿的にもブスやデブというのは、こうした経験はそれなりにあるという事ですね。

チェンジというのは男性客からして生理的にも受け付けないし、我慢できるレベルではないという場合にのみ、行った方が良いかもしれません。

ちなみに、容姿のみを重視して頻繫にチェンジを行う男性客となれば、風俗店の看板娘という女性とはまず逢えないというのが現実的な話です、看板娘と出会いたいと思うならば早い段階で事前予約をする気構えがないとお目にかかれないと思いますよ。

-デリヘルの裏側

Copyright© 失敗しない為のデリヘル , 2017 AllRights Reserved.